国内オークションを用いてのネクステアでの車売却とその料金

国内オークションを用いてのネクステアでの車売却とその料金

ネクステアというオークションの代行業者で車の売却をする時には、料金はかかります。手数料が発生する事になるのですが、それは大きく分ければ、2種類になります。出品や成約に関する手数料と、配送料金です。

 

出品代行と成約に関する手数料の具体的な金額

 

まず出品料金は、3,000円から5,000円とネクステアは公式で明示をしています。ただオークションの会場にも、色々ありますね。どの会場を利用するかにより、料金は異なってくるのだそうです。
そしてめでたく車が落札された時には、また成約料金が発生する事になります。8,000円から9,000円前後となりますが、やはり会場によって色々です。
またネクステアに対する出品代行の料金なのですが、現時点では5%だそうです。落札された金額が130万円であれば、その5%に相当する65,000円が手数料という事になります。
ただしその5%という数字は、落札額が100万円を超えた時のみです。それ以下の金額の場合は、一律5万円となるのだそうです。

 

会場と居住地により異なる陸送料金

 

それとオートオークションの会場に対して車を搬入してもらう時には、陸送費用が発生します。ただその料金も、会場によって色々ですね。基本的には11,000円前後で利用できる会場が多いですが、地域によってはもう少し割高になる事もあります。
例えばある会場の場合は、埼玉東部にお住まいの方は11,000円前後かかりますが、神奈川県の西部地域にお住まいの方は17,000円前後などの具合です。しかし別の会場の場合は埼玉西部の方は12,000円前後ですが、神奈川東部の方は9,000円前後などの具合ですね。場所によって、料金が変わってくる訳です。
以上がネクステアを通じて国内オークションで車を売る時に発生する主な料金ですが、上記の数字は現時点でのものです。今後の状況によっては、金額が変更になる可能性はありますね。