査定士さんは傷を見逃してはくれません

査定前にキズは隠せる?

自動車を売る時には査定士さんに査定をして貰う事になりますよね。その時に、査定士さんがどういった部分で、価値を決めているのかは気になる部分だと思います。まず、査定士さんは自動車の状態がどういった状態なのかを見る事になります。その時に、ボディがへこんでいるかどうか、あるいは、傷はどれぐらい付いているのかどうかを見ていくのです。他にもランプが割れていないかどうか、アンテナの調子はどうか等も見る事になります。

 

自動車のドアには鍵が付いていますよね。その鍵穴の周りにはどうしても、細かな傷が付いてしまいます。これは鍵を挿そうとして、失敗した時の傷だと思います。最近では、ボタン1つで鍵を開ける事が出来る物も多いかもしれません。だけれども、やはり、細かな傷は付いている物ですよね。どんなに大切に乗って来てもこういった細かな傷は、自動車には付いている物だと思います。査定士さんは査定のプロですので、そういった部分も見逃してはくれないでしょう。
MINI 買取

 

ここで注意したい物として、細かい傷ならば修復は簡単に出来ますので、しておいた方が良いケースが多いのですけれども、とても大きな傷や、へこみの場合は、修復せずに査定士さんに査定をして貰った方が良いのです。どうしてそちらの方が良いのかと言うと、結局は、修理をしても、その修理費用が査定に上乗せされるという訳では無いからです。結局の所、損をしてしまうだけですので、基本的には、大きな傷はそのままにして、査定をして貰った方が良いです。